>

ストレスの元凶になってしまうこともある

夜は休む時間にする

暇さえあれば、ずっとSNSを見ている人が見られます。
他人の評価が気になるかもしれませんが、それをずっと気にしてSNSのネタを探したり、無理に写真を撮ったり、投稿し続けたりするのは精神に良くありません。
もっと自由に、軽い気持ちでSNSを使ってください。
縛られないためにも、SNSを使う時間を決めましょう。

特に夜は、SNSの使用を禁止するのがおすすめです。
それだけでも続けることで、次第にSNSの反応が気にならなくなります。
また寝る直前までスマートフォンでSNSを見ると、目や脳に悪影響を与え、睡眠の質が悪くなります。
精神だけでなく肉体にも影響があるので、夜はSNSを我慢しましょう。
ゆっくり休むことで、心身を回復させられます。

自分の写真を載せない

ヘルシーにSNSを使うなら、自分の写真を投稿しないことを守ってください。
自分の顔や身体などの写真を載せると、見てくれる人が増えます。
反応もたくさん来ますしコメントも増えるので、気分が良くなるかもしれません。
写真の投稿は自分の個人情報を知られ、犯罪に巻き込まれる可能性もあると覚えてください。
安全にSNSを使うためには、顔や身体の写真を載せないことが基本です。

他の人より多く反応をもらいたい、フォロワーを増やしたいと思うかもしれませんが、本来SNSは競うものではありません。
共通の趣味を持つ人や、楽しく会話ができる人を見つけて、交流を深めるためのツールです。
SNSの使い方を間違えないよう、芸能人から学びましょう。


この記事をシェアする