ストレスの元凶になってしまうこともある

かなり夢中になると、他人の評価が気になって常にSNSを見るようになります。 常に見ている状態ではストレスが溜まりますし、日常生活に悪影響を与えるので時間を決めてください。 特に、夜にSNSを使うのはおすすめできません。 夜はしっかり休み、身体を回復しましょう。

気持ちを左右されない

SNSの反応に、いちいちショックを受けないでください。 例えフォロワーからの反応が悪くても、それを気にしない精神が大事です。 深く考えずに、軽い気持ちでSNSを使いましょう。 SNSにはまりすぎないよう、毎日使わないように心がけるのもおすすめです。

付き合う人を見極めよう

大勢の人と知り合いになれるのが、SNSのメリットです。 中には愚痴や他人の悪口を言う人など、様々な人がいます。 自分にとってストレスになりそうだと思ったら、すぐに離れてください。 そのような人と無理に関わる必要はありませんし、反応しなくても大丈夫です。

SNSを触る時間を決める

最初はSNSに何かを投稿することでフォロワーが反応してくれたり、続々とフォロワーが増えたりすることが嬉しく感じるかもしれません。
次第にSNSに投稿することが義務になり、そればかりに追われてしまいます。
追われてしまうことにならないよう、ヘルシーに付き合う方法を学んでください。
まずはSNSを見たり、投稿する時間を決めたりすることが大切です。
芸能人でも実践している人が多く、特に夜の8時以降はSNSを見ないと、具体的に時間を決めることで達成できます。

また、SNSの評価ばかりを気にしてはいけません。
SNSの反応が悪くても、そんな日もあると軽い気持ちで捉えることが大切です。
深く考えないことで次第にSNSだけに縛られなくなり、生活が豊かになっていきます。
毎日SNSに投稿することも、控えた方が良いでしょう。
数日に1回、1週間に1回ぐらいのペースなら、SNSにはまりすぎることはありません。

SNSで、付き合う人を見極めることも大切です。
悪口ばかり言っている人や、自分と価値観が異なる人と無理に交流しないでください。
また人の投稿に、絶対に反応しなければいけないというルールもないので、できる範囲で良いと思います。
自分なりにSNSを使う際のルールを作ってください。
きちんと守れば、楽しくSNSを使えるはずです。
SNSは面白いものですが、使い方を間違えると他人を傷つけたり、自分が傷ついたりする危険な道具だと忘れないでください。